一戸建ての設備器の研究会

見渡す限り一戸建て

今住んでいる地域は人口密度が低く、アパートやマンションなどの集合住宅はまずありません。見渡す限り一戸建てばかりです。一戸建ての良いところといえば、音や声を周りに気兼ねしないで出せるところです。同じ一戸建てでもお隣との間隔があまりない場合には全くというわけにはいかないでしょうが、それでも集合住宅よりは気兼ねしないで済むでしょう。

デメリット

逆に欠点はというと、冬は寒いところでしょうか。私は結婚するまで15年ほど集合住宅で暮らしていたのですが、その時と比べると立地の違いや築年数の差はあるにせよ、特に朝の冷え込みは半端ないです。今朝などは氷点下に達する冷え込みでしたので、ヒーターをつけてもなかなか暖まらず家事をするのも億劫でした。

セキュリティー

それに過疎地域なので街灯などが少なく、夜になると暗くて寂しいので敷地の出入り口から玄関までのわずかな間にセンサーライトを3つ設置しています。この時期、イルミネーションを飾れるのも一戸建てならではですが、我が家は今のところやっていません。一戸建てと集合住宅、一長一短といったところでしょうか。

PR|家計見直しクラブ
健康マニアによる無病ライフ
英語上達の秘訣
内職 アルバイト
英語上達の秘訣
JALカード
クレジットカードの即日発行じゃけん
住宅リフォーム総合情報