一戸建ての設備器の研究会

見渡す限り一戸建て

今住んでいる地域は人口密度が低く、アパートやマンションなどの集合住宅はまずありません。見渡す限り愛知県はばかりです。一戸建ての良いところといえば、音や声を周りに気兼ねしないで出せるところです。同じ一戸建てでも、お隣との間隔があまりない場合には全くというわけにはいかないでしょうが、それでも集合住宅よりは気兼ねしないで済むでしょう。

デメリット

逆に欠点はというと、冬は寒いところでしょうか。私は結婚するまで15年ほど集合住宅で暮らしていたのですが、その時と比べると立地の違いや築年数の差はあるにせよ、特に朝の冷え込みは半端ないです。今朝などは氷点下に達する冷え込みでしたので、ヒーターをつけてもなかなか暖まらず家事をするのも億劫でした。

セキュリティー

それに過疎地域なので街灯などが少なく、夜になると暗くて寂しいので敷地の出入り口から玄関までのわずかな間にセンサーライトを3つ設置しています。この時期、イルミネーションを飾れるのも一戸建てならではですが、我が家は今のところやっていません。一戸建てと集合住宅、一長一短といったところでしょうか。

建売りは、平凡で感動が少ない

先月、結婚してからの夢であった、マイホームが完成しました。家のサイズは、平均的で普通ですが、「注文住宅」という所が自慢です。僕は、家を建てる時、夫婦で話し合い予算や場所から始めたものです。日々、新聞のチラシをチェックしていると、「建売り」の家が目に入ります。早く住める感じで憧れた僕ですが、家に対する拘りがあったため「注文住宅」を選ぶ事にしました。建売りとは、違い個性や希望した家作りが魅力です。家の中に入った瞬間、新築の香りを感じ気分も最高でした。

収納を多くした家

まず、我が家が拘った点として「収納」を多く注文をしたものです。新居が完成する前は、団地に住んでいて収納が少ないため苦労をします。注文住宅を依頼する時、住宅会社の担当に「収納を多く作って欲しい」と相談しました。すると、「大きな収納スペースから小さめまで出来るだけ希望に合わせた作りをします。」と、心強い言葉を頂いたものです。

余裕ある間取りで過ごせる幸せ

いざ家が完成すると、希望通りの収納スペースが作られていて喜んだ我が家。子供が3人いるため、玩具から道具などスムーズに入る感じが団地と違います。引っ越しを済ませ住んでみると、注文住宅にして良かったと言える家になりました。

PR|家計見直しクラブ
健康マニアによる無病ライフ
英語上達の秘訣
内職 アルバイト
英語上達の秘訣
JALカード
クレジットカードの即日発行じゃけん
住宅リフォーム総合情報